TOMOKO2.jpg

​大関朋子

一般社団法人朋育 代表理事

1976年 名古屋市生まれ(5~18歳まで岐阜県中津川市で過ごす。)

1998年 愛知教育大学教育学部外国語学科卒業

2000年 米国インディアナ州立 Ball State University Physical Education and Sport 修士卒業

帰国後、名古屋市立中学校の英語の先生&バスケットボール部顧問

2013年 退職


ミシンと布が好きで、教員退職後、ハンドメイド作家として活動。

同時に身体のことが好きで、学びを再開し、身体整え(からだととのえ)教室を始める。

そこでは、その人それぞれのカラダが、

その人らしく輝き出すことをお伝えする教室・講座・施術・活動がメイン。

・さとう式リンパケア上級インストラクター

・国際ウェルネス協会認定MRT(筋ゆる)マスター

・国際ウェルネス協会認定セルフケアマスター

・なみあし身体研究所/動作改善普及センター認定インストラクター

・からだリセット開脚Advanceインストラクター そして、


2017年 地域ジュニアバスケットボールクラブ立ち上げ

2019年 いろいろな人、いろいろな人生、いろいろな考え、

その選択肢にふれる機会を共有する朋育/躰操響室スタート


2020年3月 一般社団法人朋育設立

3人の子どものお母さんです。

3年前は小学校でPTA母代、今年度も、中学校でPTA母代をします。

私が大切にしているのは、

『自分と家族、そして、自分に繋がるご縁のある人たちが、

自分自身の人生を、自分らしく楽しく生きる幸せから自然にあふれる笑顔で輝くこと』

『人類満っちみち計画』


細胞一つひとつの隅々まで、満ちていること・気づくこと。


からまった糸があるなら、それを少しずつほどいていこう。

自分が自分らしくある豊かで純粋な世界が、目の前に広がる景色が見えてくる。

自然な自分で、色を奏で、音を響かせる・・・

そんなさまざまな人生の模様が好き。